罪悪感。

全く 今日の暑さも ただ事では無かった。 せめて午前中は エアコン無しで頑張ろうと決めたわたし。 大きいお腹を抱えて ふ~ふ~ 言っていた。 そう言えば前夫は わたしがエアコンを使う事を禁止していたっけ。 暑さに耐えられずわたしがこっそりエアコンを付けて過ごしている事を知ると 次の日エアコンのリモコンが無くなっていた。 リモコンをどこかに隠して 会社に行ってしまったのだ。 暑さに耐えられず その時まだ小さかった2番目の子と わたしは半日ほど車の中で エアコンを付けて過ごしていた。 毎年 夏は そんな日常だった。 なぜこんな事をされるのか いくら考えても理由など分からない。 モラルハラスメントを繰り返し行う人間は わたし達のようなごく普通の人間には 理解など出来ないことだけは 数年かかってやっと理解できた。 そのような人達は 取るに足らないみみっちい事にも 難癖を付け 無理難題を押し付けてくるのだ。 全くどうでもいいような事で怒りまくり 何度も大きなため息をつき わたしを どうしようもない人間だと馬鹿にし 鬼の形相でにらみつける。 そのような日常を10年近く送ってきたため 今のわたしの日常はまるで天国だ。 暑くてもエアコンも付けずに頑張っていると 帰って来た若旦那君は心配してくれる。 「そんな事我慢しなくていいよ。1人で家に居るときも快適に過ごしていいんだからね。」 普通の人達にとって当たり前な言葉かも知れないけれど わたしにとっては涙が出てきてしまうほどの言葉なのだ。 前夫と離婚して何年も経っているというのに 未だにエアコンごときで 罪悪感を感じてしまうなんて全く情けないわたしだ。 当たり前の事を 当たり前に 何の罪悪感もなく振舞える日が いつか来るのかしら? 今も 「あまちゃん」 を見ながら こんな生活してて罰が当たるんじゃないか? と 思ってしまうわたしだけれど 当たり前に朝ドラを見て それが当たり前の日常に思えたら わたしにとって こんなに嬉しい事は無いだろう。 本当に若旦那君には 感謝の言葉しか 思いつかない。 いつもいつも わたしに優しい言葉をかけてくれて ありがとうね。 さて 明日も猛暑らしい。 また早起きして 今日の続きの草むしりを 終わらせてしまおう。

Take It Easy♪熟女妻の日々徒然

ツインソウル22歳年下旦那君.45歳高齢出産.病気諸々