出逢い

それは若旦那君がまだ19歳の時だった。 今思えば奇跡というか偶然にも偶然が重なり わたしたちは出逢った。 とにかく顔が幼くて高校生にしか見えない。ヒョロリと背が高くガリガリでしかも顔が小さい。まさに今どきの青年と言うよりまだ少年の雰囲気だった。 その上とてもシャイでわたしとなかなか目を合わせられないでいた。 わたしは当然彼を男性と意識して見れるはずも無く・・・ まさかその時からその少年がわたしを狙っていたなんて知る由も無かった。 その後少年は度々わたしに逢いに来た。そして猛アタックを食らい続けた末 わたしは食事の約束をしてしまう。 でも問題があった。 わたしは自分の年齢を偽っていた。歳を聞かれ「アラサー」と。 純粋な少年はたやすく信じてしまったが、わたしは既に「アラフォー」を過ぎている。 どうしよう・・・当日ドタキャンしようか?誰がどう見たって親子の食事風景だよな~ 汗 なぜ食事の約束なんかしちゃったんだろ? 約束の日までわたしは迷い続けた 行くか行かないか・・・ あ~もう覚悟を決めるしかない。食事の日に本当の事を言おう。そしたら交際を申し込まれる事も無いだろう。 物事をもっと気楽に考えよう・・そう自分に言い聞かせ、その日少年との待ち合わせに向かった。 続く・・・

Take It Easy♪熟女妻の日々徒然

ツインソウル22歳年下旦那君.45歳高齢出産.病気諸々